いつ使う?ネットワーク暗証番号とdアカウント全般

スマホ スマホ

携帯電話の各種手続きや、故障をして修理を出す場合など、様々なシーンでネットワーク暗証番号やdアカウントなどが必要になります。

しかも、あまりにも種類が多過ぎて何が何だかわからなくなってしまってる方は、結構多いのではないでしょうか。

暗証番号やアカウント、パスワードは用途別に分けていつでも正確にわかるように管理しておく必要があります。

下記にまとめてみました。

※主にドコモ関連となりますが、他の電話会社でも同じようなものがあります。

ネットワーク暗証番号

携帯電話を新規契約をした時や、名義変更を行なった際に設定している4桁の番号です。

設定した番号は、ドコモ側に問い合わせても調べることができず、忘れてしまった場合には変更手続きを実施するしかないという、非常に厳しく設定されている暗証番号です。

主に使うシーンとしては・・・

ドコモショップや電話窓口(インフォメーションンター)、ドコモオンライン手続きなどで各種申込変更手続きを行う際の本人確認をする際に必要になります。

ここで一つ注意ですが、spモードパスワードも4桁の数字ですが全くの別物なので別々で覚えていただくといいと思います。(同じ数字にすることも可能ですが、セキュリティ上別々にしていただくと良いです)

まとめ

・ネットワーク暗証番号は数字4桁

・主な利用用途:本人確認

・3回連続で間違うとロックがかかる

・ロックがかかると、契約者本人がドコモショップへ足を運び手続きが必要(本人確認書類原本が必要)

spモードパスワード

spモードパスワードは、ネットワーク暗証番号同様4桁の数字です。

通常、特にご自身で変更していなかれば初期設定は「0000」です。

初期状態のまま、spモードパスワードを利用する場面になった場合は、必ず変更画面に移動します。そこで、ネットワーク暗証番号とは別の4桁数字に変更しておきましょう。

主な利用シーンは・・・

メールアドレスの変更や迷惑メール設定など「ドコモメール設定全般」や、spモードコンテンツ決済サービス利用時などに必要となります。spモードコンテンツ決済とは、いわゆる「アプリの有料課金」の際に用いられる決済サービスです。そうしたコンテンツ契約時や廃止時にspモードパスワードの入力が求められます。

このパスワードは、万が一ロックがかかっても日が変われば自動的に解除される仕組みです。

まとめ

・spモードパスワードは数字4桁

・ネットワーク暗証番号を同じ数字に設定可能だが、セキュリティ上おすすめはできない。

・主な利用用途:ドコモメール設定全般、spモードコンテンツ決済サービス利用時

・3回連続して間違うとロックがかかるが、翌日午前0時にロックが自動解除

・Mydocomoでパスワードの初期化が可能(ネットワーク暗証番号が必要) 

dアカウント・パスワード

dアカウントとは、スマートフォンやタブレット、パソコンなどでdポイントやdマーケットなどのサービスを利用する時に必要なアカウントです。

つまり、dアカウントがあればWi-Fi環境下でも、ドコモで契約しているサービスをそのまま利用することができます。

たとえば、dヒッツを利用していた場合に、通常通りドコモ回線から利用すれば、ドコモ側でユーザー認証をすることができますが、Wi-Fi環境下ですとそれができなくなります。

そこでdアカウントが登場します。

まとめ

・デフォルトの設定で、ドコモメールアドレスに設定することが可能

・パスワードは任意の半角英数字記号を使って8文字〜20文字で設定

・失念してしまった場合は、Mydocomoのdアカウントメニューからネットワーク暗証番号を使ってロック解除、dアカウント情報の確認が可能

ドコモ以外のID・パスワード

Androidを使っている方は、Googleアカウントとパスワード

iPhoneを使っている方は、AppleIDとパスワード

LINEアプリの場合は、登録メールアドレスとパスワード

・・・・・

など、数え切れないくらいIDやパスワード、暗証番号が存在しています。

IDやパスワードは自分でしっかり管理

紙に書いたり、エクセルファイルなどで管理している方もいらっしゃいますが、出来ればパスワード管理アプリを使って管理されるとセキュリティ上も安心です。

私も使ってますが、Apple社の社員も愛用している「1Password」というアプリがオススメです。

家族、ビジネス、チームのためのパスワード管理ツール | 1Password
パスワードマネージャー、デジタル保管庫、フォームフィラー、安全なデジタルウォレット。1Passwordは、アカウント情報を安全に保つために、すべてのパスワードを記憶しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました